謹んで新年のお慶びを申し上げます


昨年は、ロシアによるウクライナ侵攻や歴史的な円安の進行、急激な物価高騰など、私たちの生活や消費に直結する大きな出来事が相次ぎました。

一方、新型コロナへの対応は落ち着き、少しずつではありますが、以前の様な暮らしに戻りつつある予感がいたします。

新しい年は、不安が払拭され、活力を取り戻し、笑顔のあふれる年になるよう尽力することをお約束し、

皆様の御健勝、御多幸を心より祈念いたしまして、年始の挨拶といたします。

本音もどうぞ宜しくお願いいたします。

324024046_1216844285708213_8020450103725

2023年2月 1日 (水)

県議会議員選挙へ立候補表明

Img4605

お陰様で3期12年、市議会議員として活動をさせて頂きましたが、

今回の市議会議員選挙には出馬せず、県議会議員選挙に出馬する決意をいたしました。

 

県議会議員に立候補する1番の理由は、私が政治をする中でとても大事にしている「多様性」を掲げる現職の議員や、新人の候補者がいないということです。

子ども、若者、女性、高齢者、障がい者、よそ者など、多様な視点こそが、これからの福井を変える、福井を強くする、と考えています。

現在の福井県議会において、多様なの視点から発言する議員は、少ないように思います。特に女性議員は少なく、福井市選挙区にはゼロ、県全体でも20代~50代の子育て世代の女性議員はいません。

 

そして私は、今、福井が変わらないと、取り残される危険性があると、強く危機感を感じています。

この10年で時代は大きく変わりました。今までと同じことをやっていることが、これからの安定を保証するのか。もうそういう時代ではないというのは、皆さんもお感じだと思います。

 

特に今、福井県の最重要課題は、人口減少、少子高齢化です。福井県全体で、平成元年に82万人の人口だったのが、約30年後、令和4年末には、75万人に減少しました。県外の大学や短大を卒業した県内出身者のうち、約3割しかUターンを選択せず、残りの7割は県外に留まっています。

 

学力・体力ナンバー1を維持する政策の元、学力重視の教育が続き、不登校生徒は増加。若者は個性の受容や活躍の場を求め県外に流出し、可能性ある人材が福井に定着していません。

このことが、街全体の、産業全体の停滞に繋がっています。

これらを解決するためには、よい文化は残しつつ、多様性を受け入れる文化を取り入れることが必要であると考えます。

 

子ども、若者、女性、高齢者、障がい者、そして生きづらさを抱える全ての人が、社会の中で生きがいを持って生きていけるだけでなく、個性を存分に活かすことができる、福井県に変わることで、福井県はより強くなれます。

 

そうすることで、魅力的な街に変わり、魅力的な企業が増えるます。若者の県外流出を止め、移住定住、観光客の誘致、県外企業の誘致にも繋がります。

さらには、多様な社会課題を解決することにもつながり、経済・環境・社会が好循環する、持続可能な街に変わります。

 

私の政策は「イロトリドリ」です。多様性を受け入れる文化と体制をつくるための、3つ柱があります。

1つ目の柱は「産業」です。

地場産業であるものづくり産業の活性化、エネルギー産業など先進産業の育成と誘致、イノベーション・共に創る共創事業の推進などの手厚い中小企業への支援や、ウェルビーイング経営、多様な働き方の推進をしていきます。

2つめの柱は「教育」です。

学力重視の教育から、多様な学習機会を提供、個性や特性を活かす教育に変え、持続可能な社会の作り手を育成、特別支援学習の充実やICTを活用した学習環境を整えることにも力を入れます。

3つ目の柱は「暮らし」です。

年齢・性別・障がい・国籍に関わらず、全ての人が、尊重され、誰一人取り残さない社会になるために、多様な社会課題を解決できる仕組みづくりや、生きがいをもって生活できるための支援を拡充します。

 

福井県、これぐらいでいいと思う街づくりで十分ですか。それとも、新たなことにチャレンジして、新たな視点や考え、価値観を取り入れた街づくりをして「福井県に生れてよかった、福井県に住み続けたい」と誰しもが思える街づくりがいいですか。

 

私は、今の子ども達に「私は福井で生まれました。福井が大好きです。誇りに思っています。これからも福井で住み続けたいです」と、一度県外や国外に出たとしても、心から思ってもらえるような街づくりをしたいです。

 

ぜひ一緒に、よりよい福井県を、元気な福井県を作りませんか。

持続可能な福井県を、未来の子ども達に残しませんか。

共に力を合わせて、福井を変えていきましょう。

中村あやな 市政報告会開催

2_20230201062701 1_20230201062701

 

謹啓 厳寒の候

皆様におかれましては 益々ご健勝のこととお喜び申し上げます

平素は格段のご厚情を賜り 厚くお礼申し上げます

さて 中村あやなは お陰様で3期12年 市議を務めさせて頂くことができました

つきましては 下記の通り 市政報告会を開催させて頂きたく ご案内申し上げます

お忙しいとは存じますが お誘い合わせの上

何卒ご参加下さいます様 お願い申し上げます 謹白

 

日時

2023年 2月 18日(土)

受付:18:30

開始:19:00

 

場所

フェニックス・プラザ 小ホール

福井市田原町1-13-6

 

発起人

社北地区後援会会長 中川健一

社西地区後援会会長 村上嘉宏

東部ブロック後援会会長 泉和弥

法政大学福井県校友会 副会長 山下勝也

 

(株)WALLESS 代表 山内喜代美

行政書士まきオフィス 代表 小川真紀

美容カイロのお店 Ltrust 代表 高間侑希

ハウスクリーニングSIMK 代表 山田志保

 

参加費

無料

 

お申込み

〒918-8054 福井市加茂河原町20-25-17

TEL 0776-35-3632 FAX 0776-35-3652

EMAIL heart@ayana-nakamura.com

 

 

2023年1月27日 (金)

やしろチャリティークーポン 

福井新聞様にも取り上げて頂きました。
有難うございます‼️
ぜひ皆さま、ご活用くださいませ💕
クーポンはコチラ⬇️に置いてあります❣️
イタリアンバル マーサ
すうぷ屋
坂尻モータース
川上測量コンサルタント
社西公民館
社北公民館

https://846pta.glideapp.io/dl/c73d93

2023年1月22日 (日)

今年の目標の一つ『ごみを拾う前に躊躇しなくなること!』

今年の目標の一つは『ごみを拾う前に躊躇しなくなること!』✊
ポイ捨てを見て見ぬふりができない性格なので、個別訪問時には、ゴミ袋を持ち歩くようにしています🚯
昨年末に参加した研修会の講話者が「ごみは拾ってから考える」とおっしゃっていたのが、とても印象に残って、私も実践し、習慣化出来ないかと修練を重ねています。
でも、やはり一瞬「どうしよう…」となってしまう私がいます🥲
326774796_709210043915992_36535574793356

2023年1月 9日 (月)

今週末は新年総会の集中日

年始挨拶の為に会合を周り、合間に、個別訪問をこなす🏃‍♀️
クタクタになり、なんとか家に辿り着いたと思ったら🏠容赦なく子供たちが遊ぼう!と寄ってきて🏐
寝かしつけた後は、眠い目を擦りながら子ども達のズックをゴシゴシ洗う…👟✨
(来週から学校始まるから用意しないとー!!)
んーー!!なかなかしんどいけど、頑張るぞー!!

324748475_1810970749261304_5263450028866

2022年12月26日 (月)

福井市内の子育て世帯の方へ

もう新米クーポン券🌾お使いになりましたか?
☑️うちは農家だから使ってない
☑️お米もらってきたけど、使う予定がない
というようなご家庭ないですか??
実は、、私のシングルマザーの友達に、このクーポンで交換したお米をあげようと思っているのですが、
皆さんのところにも、使ってないクーポン券や、使う予定のないお米をお持ちの方が、もしかしたらいらっしゃるかなーと思い、投稿してみました。
幸せのお裾分け💓一緒にしませんか?😌

322185943_1281702105745238_8088840438777

2022年12月25日 (日)

市政報告の配布 その2

今日は夫と市政報告配り。
2時間半まわって、かなり疲れて、家でひと休憩しよつと思っていたのですが
「早く行くぞー!」と引っ張り出されましたー😱
昼からも引き続き頑張ります✊
321947643_699751221783794_42232969239209

2022年12月24日 (土)

市政報告の配布

福井市内はそんなに積もらなくてよかったですね☀️
子ども達も元気!ですが、私も元気に!!市政報告をお届けしておりまーす📪
321483895_697753038579804_35173650794252

2022年12月23日 (金)

大雪が予想されます






福井県嶺北において、本日(23日)夜から大雪になる予報です。
暴風雪とのことで、、さらに寒くなりそうですね😱
不要不急の移動を避け、身の安全を優先してくださいね😊
また、除雪へのご協力も宜しくお願い致します🙇🏻‍♀️

【福井市長から市民の皆様へメッセージ】

「福井県感染拡大警報」が発令されました。
10代以下の感染者が特に増加しているとともに、病床利用者数が増加傾向にあり、入院患者の約9割を60代以上が占めています。
市民の皆様には、ご自身や家族、友人など大切な人の命を守るため、特に次のことにご協力をお願いします。

・高齢者など重症化リスクのある方は、人混みを避けるなど、自分を守る行動をしてください。
・年末年始を安心して迎えるため、速やかにワクチン接種をしてください。
・身近な方の感染や、年末年始に帰省する家族を迎え不安な方は、無料検査を活用してください。
・忘新年会などの会食時も、会話の際はマスク着用を徹底してください。
・寒い時期でも定期的に換気をしてください。
・体調管理を徹底し、体調不良を感じた時は、出勤やお出かけを控え、かかりつけの医療機関や、新型コロナ総合相談センターに電話をしてください。
・お子様のおられる家庭では、冬休み中でも毎日の検温など体調管理を徹底し、休み明けに少しでも体調不良を感じたら登校を控えてください。
321733105_488073119892864_98008455579609

«フリースクールについて、もう少し想いを書かせてください