« ☆急募☆福島の子どもたちと一緒に遊びませんか? | トップページ | ☆7月の活動報告☆あれこれ »

2011年8月 2日 (火)

未来のエネルギーについて☆こどもたちの未来のために☆

とにかく7月は、新エネルギーと原発と節電について、本当にたくさんの方と意見交換をさせていただきました。
先日は、田中優さんの講演も聞いてきました。

やはり、今すぐとにかく原子力をとめるべき、なのはわかります。福島のあの事故をみてもなお、原子力を動かし続けているのはおかしい、と思うのは当然のことです。
節電をし、新エネルギーの開発がすすめば、原子力を止めれるのではないか、という議論が今一般的ではないでしょうか。
しかし、新エネルギーはどんなものがあるの?自然エネルギーは効率的に発電できるのか?
太陽光の電気変換率が30パーセントになり、3日~4日もつバッテリーが開発されるのはあとどのくらいかかるのか?
スマートグリッド化するのか?法改正するのか?
企業が節電して、操業度は落ちないのか?経済性が保たれるのか?
ものづくり王国の日本で、空調管理のできないあつーい工場のなかで、仕事がはかどると思いますか?
このまま電気代が高くなり続けて、企業は日本に拠点を残しておけるのか?雇用確保は大丈夫か?
疑問もたくさんわいてきます。

あと30年かけて原子力をとめるべき、だとは思いますが、新エネルギーが経済的に確立するまでは、
日本の経済性をたもつためには原子力をやめざるを得ません。
また世界に目を向けると、中国・インドの人口増加、経済発展を考えると、原子力に頼ざるをえない、とうのが現実です。

まず、あと30年、どうやって日本の経済を支えていくエネルギーを確保するか、という問題を解決しなくてはなりません。

« ☆急募☆福島の子どもたちと一緒に遊びませんか? | トップページ | ☆7月の活動報告☆あれこれ »