« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月24日 (火)

若手議員と話そう!を開催

Xe8x8bxa5xe6x89x8bxe8xadxb0xe5x93xa
福井県内の20 代・30 代市町議による「若手議員と話そう!」を22 日、大野にて開催しました。

第一部では、「福井の好きなところは?大野の好きなところは?」「10年後はこうなっていてほしい!」「そのためには私達に何ができるか?」ということを、ワールドカフェ方式で、住民のみなさんと議員がテーブルを囲み、ざっくばらんに話し合いました。
マジックを手に持ち、嬉しそうに大野のいいところや歴史を語り出す年配のおじいさんに、福井は平和なところがいい、このままの福井を持続していきたいな、という若い男性の方。世代は違えども、福井を好きな気持ちは変わらないんだな~と改めて感じました。

第二部では、あらかじめ書いていただいた質問カードに議員が答えました。「大飯原発の再稼動は反対か賛成か」「民主党政権はどうなってるの?!」という質問では議員同士が熱い議論が交わされたり、「今一番力を入れている政策は?」「議員の給料はいくら?」という質問には、会場からどよめきの声があがったり、終始気が抜けない雰囲気でした。

議員が何をしているのか、きちんと仕事をしているのか、住民の皆さまからのチェックが入り、なかなかの鋭いご意見に、今回もハラハラしていた私でした。。

ご参加していただいた皆さま、どうもありがとうございました。
次回は11月ごろ福井で開催予定です!

2012年4月18日 (水)

河野太郎氏にお会いしました。

Xe5x86x99xe7x9cx9fk10k

原発問題に詳しい河野太郎衆議院議員の講座を

「原発を考える女性議員の会」で開催させていただきました。 「原発を考える女性議員の会」としては昨年、原発に関する意見書を県に出させていただきました。私なりの原発に関する見解をしめさせていだこうと思います。

☆福島原発事故に関して
あけてはいけないパンドラの箱をあけてしまったのがこの原発事故でした。
東京電力はじめ事業者の「安全である」という言葉を政府や国民が信じてきたものの、事故が起ってしましました。福島原発事故が起る以前から、事故が何度か起っており、それを内部に隠してしまっていたという報道もされています。一体誰の何を信じればよいのか、不信感は募るばかりです。

☆大飯原発再稼動に関して
大飯原発付近には3つの活断層がありまして、国は調査を行っております。事業者は活断層について、活断層を3連動するものとして地震動評価を実施しました。
しかしその基準はあいまいなもので、これまで2つの活断層のみの基準を出しておりましたが(35キロで地震動は700ガル)、今回の計算では3つの活断層(3連動63キロで、地震動は760ガル)の基準を出しましたが、活断層の長さが2倍近くになったにも関わらず、地震動は1割も増えていません。
また、これまで国は事業者を信じて判断してきた失敗を繰り返そうとしているところに疑問があります。規制庁が独立した第三者機関をつくり、その機関で判断していただだきたいです。
避難体制の確立もまだですし、大阪・京都・滋賀・岐阜の近隣府県の理解もまだ得られていません。

しかし、原発の停止によって地元住民の雇用が維持できるか、この夏原発なしで国民や企業の電力を守れるという保障があるか、これから日本企業は原発なしでやっていけるのか、火力発電に変えたことによる損失(1日1億円といわれています)はどうするのか、という疑問があります。

いち早く、原発立地地区が、日本のエネルギー政策の中枢となるような場所として確立させ、地元住民の雇用確保に関する政策を打ち出していただきたいです。

2012年4月16日 (月)

消費税増税について

先週は、企業まわりをさせていただきながら、消費税増税について等もお聞きしました。消費税増税については比較的に賛成派が多いのは意外でした。
誰かがいつかはやらないといけないんだったら覚悟が必要、といった理由が多かったように思います。いろいろと議論させていただきましたが、やはり私は、

消費税を上げる前に、議員削減、特会の見直し、地方への補助金・交付税等の見直し等やるべきこととがると思いますし、
もし今消費税を上げても、法人税や所得税からの税収が減るので、税収入増加につながるとは考えられない、というのが私の見解です。

さて、先日ソフトバンク社長室の方と会食をいたしました。
なかなかお会いできない方なので「お父さんのふるさと一乗谷朝倉氏遺跡を引き続きPRしていきたいんです‼」とお願いしてきました。
来月、ソフトバンク本社にお伺いして、広報担当の方と話を詰めこようと思います!

そしてうれしいニュース♪
福井市が、FB•TWの活用を始めました!
FBの利用•活用については、去年4月から市へ提案させていただいていたので、実現して嬉しいです。しかし、推進下さった担当課の課長さんが変わってしまったので、残念ですが、今後も追いかけます。中心市街地のwifi化も決まりましたし、これからどう利用していくかが大事です。
皆さんで一緒に活用していきましょう!そして官民一体となって盛り上げていきましょう!

福井市マーケット戦略室
http://www.facebook.com/fukui.market
福井市観光開発室
http://www.facebook.com/fukui.city.kankou
広報広聴課 http://twitter.com/#!/fukui_kohou
男女共同参画・少子化対策室
男女共同参画・子ども家庭センタ
http://twitter.com/#!/fukui_danjo
公営競技事務所
http://twitter.com/#!/fukui_keirin

また、橋本左内先生の生誕祭に参加させていただきました。
若干15歳の時に志を認めて書いた『啓発録』が有名ですが、西郷隆盛とのやりとりも有名ですよね。西郷隆盛が左内先生からの手紙を、亡くなる時まで肌身離さず持っていたそうです。
左内先生の教えを学び行動し、きちんと受け継いでいく大人にならねばです!
写真は、春山小6年生が「橋本左内先生をたたえる歌」を元気よく合唱している様子です☆
292504_383606945013008_100000911170

2012年4月 3日 (火)

何十年ぶりかに議論がわかれた、3月議会。

1ヶ月にわたる議会が修了いたしました。

議会というのは、まず「開会本会議」で議案が出され、「常任委員会」に付託され、その後「予算委員会」に付託され、最後に「閉会本会議」で採択されます。

まず、常任委員会。

私は総務委員会に所属しています。
収入の部分はほとんどすべてチェックさせていただきました。
支出の部分は、議会費・賃金・事務費・防災費等々チェックさせていただきました。

「脱原発に関する意見書」について私は一部賛成しました。
30年経過した原発を廃炉にすること、国がエネルギー政策の方向性をすぐに出すこと等の内容が盛り込まれていました。
これは破棄されず継続審査になりました。
機構改革について反対しましたが、4対3となり惜しくも可決になりました。

西口再開発の予算が付託されている、建設委員会。

西口再開発の予算について委員の採決が3対3に分かれ、予算特別委員会に付託になりました。追認、追認の議会が動きだしました。
西口再開発の予算については、閉会本会議まで粘り強く議論していくことを決意しました。

そして、予算特別委員会。

当初予算案の審議にて、何十年ぶりかに大きく賛否が分かれました。
反対の理由は、
•西口再開発予算案
•機構改革
に十分な答弁が得られなかったからです。
否決まではいきませんでしたが、採決は閉会本会議までもちこされました。

いよいよ、閉会本会議。

私達は西口再開発の設計費について修正し、予算からはずすよう求める動議をしました。動議の賛成者は、私達の会派から4人、隣りの会派から7人、共産党の会派から2人••••13対18で負けました。

プラネタリウムを含むビルの施設内容を議会が認めた、ということになります。

そして、当初予算は「可決」されました。

惜しくもすべての議案が可決になりましたが、議会の一時閉会中も、議員間でたくさん議論してきました。これが当たり前の議会の姿だと思います。

今後も、どの様な結論がでるのか、議員がどの様な判断をするのか、きちんとチェックして下さい。

応援して下さった皆様、すみません。力及ばずでした。
これからは、どうこの施設を活かして行くか、市民の方々が行ってみたいと思えるような施設にするためには、行動していきます。

【おまけ】

さきほど・・ FM福井の藤田かよさんと対談してきました。
実は同じ歳なんです♩
皆さま聴いていただけましたか?!

すごく明るくてパワーがある女性でした!

Xe8x97xa4xe7x94xb0xe3x81x8bxe3x82x8

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »