« 2014年6月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年8月

2014年8月18日 (月)

子ども子育て支援新制度の勉強会へ

8月18日

待機児童解消の為、保育についてのあり方が変わろうとしています。
小規模保育(6〜19人)や家庭的保育(5人以下)居宅訪問(ベビーシッター)事業所内保育、そして保育以外ですが放課後児童クラブについて、

国の制度(子ども子育て支援新制度)を受けて、市でも制度を作り条例化します。

さすが専門家!という意見や、それはやりすぎでしょ!という意見もありましたが、
私なりの視点を入れ、精査して、9月議会に挑みます。




私なりの視点を入れ、精査して、9月議会に挑みます。

私なりの視点を入れ、精査して、9月議会に挑みます。
 






私なりの視点を入れ、精査して、9月議会に挑みます。
写真: 待機児童解消の為、保育についてのあり方が変わろうとしています。
小規模保育(6〜19人)や家庭的保育(5人以下)居宅訪問(ベビーシッター)事業所内保育、そして保育以外ですが放課後児童クラブについて、

国の制度(子ども子育て支援新制度)を受けて、市でも制度を作り条例化します。

さすが専門家!という意見や、それはやりすぎでしょ!という意見もありましたが、
私なりの視点を入れ、精査して、9月議会に挑みます。


志賀原発&宇宙人のまち羽咋市へ!

お盆ですが、、今日は志賀原発&宇宙人のまち羽咋市へ!
一昨日「原子力の新基準に対して安全対策をしましたので確認をしてください」という旨の申請をした、
志賀原発の安全対策について学びました。
嶺北の人間にとって、約130kmの距離にあるこの原発のことも、きちんと知っておかないといけない、と思いながら、
初視察になってしまいました。

さらに、宇宙人のまち羽咋市の宇宙科学博物館へ。
人口2万人ほどのこの街に、本物のロケットや、NASAやロシアが開発した宇宙探査機があるなんて!!
2枚目の写真の真ん中にあります円盤上のものは、宇宙人に向かってメッセージを送っているとのこと。面白い!!

しかもそんなに費用がかからず、熱意で集めたとのことで、ビックリでした。
他の科学館にはないものばかりでしたので、かなりオススメです!!

やはり、差別化は大事ですね。
福井駅西口ビルにできる科学館の中も、他と同じようなものを、置いても意味ありませんよね。
中村 あやなさんの写真
中村 あやなさんの写真

 

2ヵ月も放置していました・・・・。

フェイスブックは更新をしていましたが、ブログの更新を怠ってしまいました。
申し訳ございません。

しかし、視察のご報告はきちんとせねば、ですので、さかのぼりましてアップいたします!

8月7日

射水市へ。
中学校卒業までの子どもの医療費を、
「窓口で」無料にしています。
「窓口で」というのがポイント。
お母さん方から要望がとても多い、窓口の無料化。
(福井県内ではまだ窓口無料化にしているところはありません。
ちなみに、県内どこの自治体もないのは、あと10県のみ。)

しかも、今年度から、隣の高岡市で受診した時も、窓口で無料になったとのこと。

福井市では「県内で統一して、窓口無料化を実現したいので、県にて検討してもらう。市単独実施は難しい。」という趣旨の答弁ですが、

今回、射水市に来て見て、
トップや担当課の想いがあれば、なんとかなるのでは、という気持ちになりました。

写真は、ペレット工場での一コマ。
県や市が力を合わせて公共施設へのペレット燃料導入をしている、ということが分かりました。
なかなか需要がないのが課題のペレット燃料ですが、やはりこちらも、トップや担当課のやる気次第で、どうにでもなるのでは、と改めて感じました。
写真: 続いて、射水市へ。
中学校卒業までの子どもの医療費を、
「窓口で」無料にしています。
「窓口で」というのがポイント。
お母さん方から要望がとても多い、窓口の無料化。
(福井県内ではまだ窓口無料化にしているところはありません。
ちなみに、県内どこの自治体もないのは、あと10県のみ。)

しかも、今年度から、隣の高岡市で受診した時も、窓口で無料になったとのこと。

福井市では「県内で統一して、窓口無料化を実現したいので、県にて検討してもらう。市単独実施は難しい。」という趣旨の答弁ですが、

今回、射水市に来て見て、
トップや担当課の想いがあれば、なんとかなるのでは、という気持ちになりました。

写真は、もう一つ視察した、ペレット工場での一コマ。
県や市が力を合わせて公共施設へのペレット燃料導入をしている、ということが分かりました。
なかなか需要がないのが課題のペレット燃料ですが、やはりこちらも、トップや担当課のやる気次第で、どうにでもなるのでは、と改めて感じました。
続いて、ジャンボ西瓜や名水で有名な入善町へ。
人口2万人ほどの町ですが、若い人が増えているとのこと!
中心市街地の活性化により商工会青年部の人数が毎年増え、
農業法人の増加で、農業就業者若者の数もどんどん増えているとのこと!

街に、会社に、人に、魅力があり、ここで就職したい!町おこししたい!という人が増えているそうです。
その仕掛けを勉強してきました。

写真: ジャンボ西瓜や名水で有名な入善町へ。
人口2万人ほどの町ですが、若い人が増えているとのこと!
中心市街地の活性化により商工会青年部の人数が毎年増え、
農業法人の増加で、農業就業者若者の数もどんどん増えているとのこと!

街に、会社に、人に、魅力があり、ここで就職したい!町おこししたい!という人が増えているそうです。
その仕掛けを勉強してきました。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年11月 »