« | トップページ | ソフトバレー大会! »

2017年7月24日 (月)

就労継続支援A型事業所を経営している友人のところへ行ってきました。
A型事業とは、一般企業への就職が困難な障がい者に就労機会を提供し、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを供給したり、
障がい者と雇用契約を結び、原則として最低賃金を保障するしくみの"雇用型"の障がい福祉サービスのことです。

市内にはいくつかの施設がありますが、特にこの事業所が力を入れているのが「就労者の心に寄り添った経営」をしていることです。

例えば、発達障害の方は人とうまくコミュニケーションをとれないから他のスタッフとあまり関わりたくなかったりするので、1人で作業したりご飯を食べたりするスペースがあります。

また、精神的な悩みを抱えているスタッフもおり、ストレスを溜めさせないように、納期をあまり気にせず、集中して仕事ができるような仕組みづくりをしています。

そしてA型事業所ならではですが、支援員さんもしっかりとサポートしていて、

これまで仕事を続けられなかった方々が、休まず来れるようになっているそうです。

さらに、机の角にあたったり、溝につまづいたりして怪我をしないように、あちこちに工夫がされていました。

そして、仕事になれていったら、いづれかは一般の会社へと就職してほしい。

社長の温かい心がこもった、温かい雰囲気の職場でした。

自動代替テキストはありません。

« | トップページ | ソフトバレー大会! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | ソフトバレー大会! »