« 本日はローカル・マニフェスト推進連盟のズームセミナーに参加しました。 | トップページ | 「県SDGsパートナーシップ会議」来月創設! »

2020年7月22日 (水)

福大医学部 山村修教授「どう生きる・新型コロナ時代」に参加させて頂きました。

福大医学部 山村修教授「どう生きる・新型コロナ時代」に参加させて頂きました。
山村教授からは、専門的な知見に置いて、新型コロナウイルスについて、予防について、PCR陽性者・濃厚接触者になった場合についてなど、お話がありました。
感染期間については、発症してから1週間(武漢の検証によれば2週間)立てば、もう人に感染させる恐れはないそうです。
濃厚接触者と言われた場合は、2週間様子を見れば大丈夫だそうです。
最近の状況として、陽性者が増えている一方で、重症者が増えていないことを鑑みると、日本人は何かしらの免疫が出来て来ているのでは、という見解でした。
また、山村教授は、防災関係の専門家でもあり、新型コロナ時代における避難所運営のあり方についても詳しく説明して頂きました。
避難所には、これまでの受付の他に、受付の前の受付(誘導受付)が必要、2m間隔のスペースが必要、陽性者や濃厚接触者とのゾーニングが必要だそうです。
また、先日の豪雨では、大分県日田市で、上記の避難所運営をしたところ、避難所に入れない住民が何百人かでたそうで、分散避難についても今後、地域で考えていかなければいけない、という問題提起も頂きました。
行政として取り入れないといけないこと、住民として取り組まなければいけないこと、沢山、考えさせられました。
貴重なご講演、ありがとうございました。
60 61 62 63

« 本日はローカル・マニフェスト推進連盟のズームセミナーに参加しました。 | トップページ | 「県SDGsパートナーシップ会議」来月創設! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日はローカル・マニフェスト推進連盟のズームセミナーに参加しました。 | トップページ | 「県SDGsパートナーシップ会議」来月創設! »