« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月16日 (日)

議員と妊婦

【出産まで☆3日】
議員だからこそ経験させて頂いた、大変さもありました!
6年前、私は県内で初めて出産を経験する議員でした(今でも私だけですが💦)ので、出産による欠席規定等がなく、作ることから始めました。
しかし、議員は事業主と同じ扱い(労働法に当てはまらない)なので、産休、育休をとるのは如何なものか、とおっしゃる議員もいました。
また、議員という仕事は、24時間、365日、特に休みというものがありません。市民の皆さまからの要望があればすぐに駆けつけ、対応したりします。
たまたま2人目出産の際は50年に一度と言われるくらいの大雪で、出産数時間前まで、電話がよくなり、除雪・排雪の要望対応をしていたのは、いい思い出です😅
また、議員は代理権が認められていないので、議会の議決は誰かに代わってもらうことができません。(市長は副市長に代理権を与えることができます)
ですので、1人目出産時には「僕は貴方に投票した。出産で休んだら、僕の意思はどうなるのか」と問われて戸惑いました。
女性議員を増やす為には、まだまだ変えなければいけない慣習があります!
次に出てくる若い女性議員の為に、しっかりとしたレールを引いておかないと、と思います!!
(写真はR2.6月議会です)
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座っている、立っている、室内

2020年8月11日 (火)

コロナと妊婦

【出産まで☆8日】
今回の出産は、コロナ禍の中ということで、付き添いは1人までと言われました。
付き添いは全くNGという時期もあったそうですので、まだ緩和された方です。
1人目で1人で出産という方もいらっしゃったのではと思います。どんなに不安だったことでしょうね😞
さて、新型コロナの妊婦への影響についてですが、非妊婦と比較して重症化するなどの危険性はないと言われておりますが、薬の投与について制限があるなど、不確信なところが多くあります。
そこで、高齢者や基礎疾患をお持ちの方なども同じであると思いますが、未だ感染について油断ができない状況で、日々危機感を感じております。
国としては、妊娠中の女性労働者等に配慮した取組み(休みやすい環境整備、テレワークや時差通勤の活用促進等)への協力を、経済団体や労働団体に対して要請しています。
事業主の皆様、是非ともご協力を宜しくお願い致します。
と申しますのも、第一波の時と比べて、在宅ワークや時差通勤等の取り組みをする企業が少なくなってきているように感じるからです。
いつ収束するか、いつ終わりが来るのか、分からないという状況ではありますが、
このような多様な働き方の推進は、企業にとってコロナ後も必ずプラスになります。プラスどころか、やらないと取り残される、当たり前な社会に変わっていると思います。
コロナ禍が、企業が、社会が、変わる、いいきっかけになればと、切望します。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »